よくあるご質問

 Q: 整体って初めてで怖いんだけど・・・
整体というとボキボキするというイメージがあり、怖いと思われている方がたくさんいらっしゃるようです。
しかし理学整体を受けてみると「イメージと違った!全然痛くない」「なんだかわからないけど、ゆがみがとれた。不思議・・・」と皆さんおっしゃいます。
従来の整体とは異なる整体ですので、あなたの持つイメージとは全く異なることでしょう。決して怖くはない施術ですので、ご安心ください。

 

Q:痛みがひどくて触られるのが怖い!
他の整体ですと患部や背骨・骨盤を直接施術する所が多いようですが、理学整体は患部や胴体に触らなくても全身を整えることができます。
例えば腰が痛い場合でも腰には直接触れず、右腕からの調整だけで体を変えられます。また患者さんの症状・状態を診て痛みの伴わない施術を心がけていますので、ご安心ください。

 

Q:本当に痛くないの?
理学整体はカイロのように骨をボキボキしたり、マッサージのように揉んだり叩いたりするような整体ではありません。
主に手足を無理のない範囲で曲げ伸ばしする程度のものです。仮に痛みを伴うことがありましたら我慢せずにご遠慮なくお申しつけください。

 

Q:ちょっと肩こりを感じる程度なんだけど・・・
症状の重い・軽いに関係なく、症状があれば体が壊れている証拠です。ひどくなる前に体を整えてあげましょう。
症状が軽いうちであれば通院期間も短くて済み、健康維持にもつながります。
症状がなくとも、体のメンテナンスとして定期的に通われている方もいらっしゃいますので、お気軽にご来院ください。

 

Q:子供、産前・産後、お年寄りでも大丈夫?
理学整体は筋肉の調整なので、骨をボキボキすることはありません。ですから、骨がしっかりしていないと思われるお子様やお年寄りの方でも安心して受けることができます。
また妊娠中で仰向けになれない、産後で体が不安定という方でも患者さんの状態に合わせて施術を行いますのでご安心ください。

 

Q:骨盤矯正をして欲しいんだけど・・・
理学整体は骨盤を良くする・背骨を良くするという部分的な考えや施術法ではなく、全身調整を目的とした      整体です。
全身が整うということは骨盤も背骨も整うということですので、あえて骨盤だけを良くするということはでき        ません。
理学整体の一環として骨盤も矯正される、と考えていただければご理解いただけるかと思います。

 

Q:筋肉の調整ってストレッチのようなもの?
見た目はストレッチのようにも見えますが、ストレッチは単にぐいぐいと筋肉を伸ばすだけのものです。
当整体院の筋肉調整は、ストレッチよりもずっと軽い刺激で行い、伸びすぎた筋肉を縮めたり、縮みすぎた筋肉を伸ばすことで全身のバランスを調整します。
おそらく、皆さんのもっている整体のイメージとは全く異なるでしょう。実際に受けてみなければその感触は伝わらないと思います。
軽い刺激でも全身を調整できるのが理学整体なのです。

 

Q:肩・腰・足のコースはないの?
例えば肩がこるから肩だけが悪い、腰が痛いから腰だけが悪い・・・などと症状のあるところだけが悪いということはなく、自覚症状がなくても必ず全身に影響が出ているのです。
なので部分的で症状のあるところだけの施術は、感覚的な満足感は得られると思いますが、全身の状態が変わらなければ根本的とは言えません。しいて言えば、全身コースのみとなります。

 

Q:どのくらいの時間やってもらえるの?
初回は問診・説明などを含みますので、1時間以上みておいてください。2回目以降は30~40分位です。
時間割のマッサージのように、長い時間やれば良いとか、その場だけの満足感を与えるものではないので、多少の施術時間の長短はご理解ください。

 

Q:何回ぐらい通えばいいの?
その人によって症状・病歴・生活習慣・回復力が違いますので、何回とは言い切ることは出来ませんが、病歴が長いほど治療の期間も長くなる場合が多いです。
また症状がひどい方でも、軽い方より回復が早いこともよくありますので、症状がひどいからといって諦めないでください。

 

Q: どのくらいのペースで通えばいいの?
症状のひどい方、病歴の長い方ほど初めの頃は特に間隔をつめて通われたほうが良いでしょう。
体は悪い状態を強く記憶していますので、良い状態を体に覚えさせるためにも、最初は間隔をつめて通い、徐々に間隔をあけていくことが理想的です。
予約を強要することは一切ありませんので、可能な範囲で通ってみてください。

 

Q:健康保険は使えるの?
残念ながら健康保険はご使用いただけません。整体院、カイロなどの民間療法は実費負担となります。

 

Q:子供を連れて行っても大丈夫?
お子様をお連れいただいても大丈夫です。ただキッズスペースや玩具等の備えがありませんので、申し訳ありませんが必要に応じて玩具等をお持ちいただければと思います。